透析ごはん

夏野菜の煮込み 簡単ラタトゥイユ

ピーマン、ナス、トマト、玉ねぎをトロトロに煮込んで

ラタトゥイユを作りました。

本来は、オリーブオイルでにんにくを炒め

ローリエ、オレガノ、バジル、タイムなどの香草とワインで煮て作るもののようですが

省ける工程はすべて省いて、香草やワインもパスです。

本当に簡単な夏野菜の煮込みです。

材料

・ナス 1本
・ピーマン 2個
・玉ねぎ 1/2個
・トマト 1個

調味料
・ケチャップ
・塩・こしょう 少々
・白だし 少々

 

作り方

①材料を全てさいの目に切る(1センチ角切り)
②玉ねぎ、ナス、ピーマンの順で炒める
③全体に油が回ったらトマトを加える
④水+白だし+ケチャップで煮込む(20分ほど)
⑤最後に塩・こしょうで味をととのえる

 

※作り方によっては
・にんにくが大丈夫なら、オリーブオイルでにんにくを炒めると美味しいようです。
・ベーコンを炒めるとコクがでます。

 

本格的に作りたいならレシピを検索してください。

 

ラタトゥイユとは?

・フランス南部プロヴァンス地方、ニースの郷土料理で夏野菜の煮込みである。

・玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒め、トマトを加えて、ローリエ、オレガノ、バジル、タイムなどの香草とワインで煮て作る。 うまみを出すためにセロリ、唐辛子を用いる工夫がある。そのまま食べるか、パンと共に食べる。パスタソースにすることもある。

・ラタトゥイユの語源は「Touiller」(かき混ぜる)「Rata」(軍隊スラングでごった煮)

ウイキペディより

 

なすのカリウム(なす1本何グラム?)なす味噌が定番ですね



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です