きのこ・海藻

えのきのカリウムは?どれくらいの量食べれる?

最近、えのきをよく使うようになりました。
えのきは健康によく、1年中手に入り、価格も安定しています。

鍋物や、すき焼き、炒めものなどに使えます。
えのきが苦手な人は、天ぷらにすると食べやすいですよ。

そんなえのきですが、気になるのはカリウムです。
どれくらいまでなら食べることが可能でしょうか?

 

えのきのカリウムは?

茹で
えのきカリウム(100g) 340 270㎎

茹でると、カリウムが少し減ります。
茹でるか、炒めるか調理法によっても、カリウムに違いがでます。

 

一般的に売られているえのき1袋が約100g

 

石づきを落とすと、約80g

茹で
えのきカリウム(80g) 272㎎ 216㎎

 

50gはこれくらいの量です

茹で
えのきカリウム(50g) 170㎎ 135㎎

えのきの栄養効果

えのきには、どんな栄養が含まれ、どんな効果が期待できるのでしょうか?

えのきの効能
①疲労回復(疲労回復のビタミンであるビタミンB1が豊富に含まれる)
②お通じがよくなる
③その他
・脳の機能を活性化する働き
・生活習慣病を予防する効果

 

冷凍するといいことがいいことが

①栄養価がアップする

冷凍すると栄養価がアップする理由は、
冷凍することにより膨張した水分がえのきの細胞壁を壊し、
細胞の中に閉じ込められていた栄養素が外に溶け出して来て、吸収率がアップするからだそうです。

②旨みがアップする

アミノ酸が2倍から6倍になる

③長期保存できる

通常だと4~5日程度しかもちませんが、
冷凍保存だと、1ケ月くらいは保存可能になります。
特に、透析患者はカリウムのことを考えると、一度に量を食べれないので、
冷凍保存はおすすめです。

 

きのこは体によさそうだけどカリウムが心配きのこは身体によく、1年中手に入り、値段も安定しているので、毎日のレシピに取り入れたいけど、カリウムが心配ですね。 そこで、きのこのカ...

 

 

 

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です