透析・体調管理

台風が来ると透析患者はいろいろと心配です(台風9号、10号)

九州北部地方では、台風9号、10号と立て続けに、やってきました。

なかでも、台風10号は、
”これまでに経験したことがない台風” ”風速80メートル”と表現され、
厳重警戒の台風として、人々の恐怖を誘いました。

月水金夜間透析のクールでは、まともに影響を受けました。

台風、透析室の対応

台風9号

まず、9月2日(水)の台風9号ですが、
いつもより1時間早く、15:20頃から透析を始めてもらえました。
いつもより早く帰宅できたおかげで、危険なめに会うことなく、
無事に帰宅出来ました。

でも、仕事で早く来れなかった人の話では、
帰宅時、風が強くて怖い思いをしたそうです。
特に、橋の上での信号待ちは、車体が揺れて、本当に怖かったそうです。

透析を早く始められることは、
特に透析室からの連絡はなかったのですが、
早めに行って、病院で待機していたら、早く始めてもらえました。

仕事などの事情がない場合、
台風などの災害時は、早めに病院に行き、待機していることがいいかと思われます。

 

台風10号

台風10号は、日曜日の夜半から月曜日にかけて、最も暴風雨が強くなるということでした。
日曜日の夕方頃から、全ての交通機関がストップ、コンビニやスーパーも臨時休業、
月曜日は、全学校休校、企業も休み、ゴミ出しもストップと、厳重警戒態勢でした。

月曜日透析が危険ということで、
月曜日透析が、日曜日に振替になりました。
全員4時間透析です。

午前のクールが、9時から始めて、
午前の患者が終わり次第、夜間の患者の透析を始めるという形です。

もう、スタッフもバタバタで、狭い更衣室も、大混雑でした。
コロナどころじゃない感じでした。

透析が終わり、急いで帰り支度をして家路につき、18時半ごろ帰宅出来ました。
まだ、風雨はそんなにひどくなかったのですが、
車はほとんど走っていなくて、コンビニもすでに、閉まっていて、
気持ち的にすごくあせりました。
家に帰り着いたときには、本当にホッとしました。

災害時は、食事が不規則になる

今回の台風は来る前から、要警戒の台風だということで、
今までに経験したことない規模の台風と騒がれていました。

いつも以上に入念な暴風雨対策が求められました。
かなり高い確率で、停電することが予想されていましたから、
冷蔵庫と冷凍庫の中身を出来るだけ減らしていました。

当然、いつもと違う食事内容となってしまいます。
ご飯を炊いても、冷蔵庫が使えないと保存できないので、
パンや簡単なものばかり食べていたら、
台風前日の透析で、増えがわずか1.0㎏でした。

台風準備に追われ、慌ただしいに加えて
気ぜわしくもあり、食事もゆっくり作って食べることが難しい状況でした。
また、食欲もありませんでした。

私の住む地域では、幸い停電は起きませんでしたが、
実家では、まる3日たった今でも停電状態です。
3日間も停電が続いたら、食料も底をつき、精神的にもきついだろうなと思います。

突然透析日が変わると、なんだか調子がくるってしまいます。
今回の台風では、月・水・金→・水・金になりました。
曜日感覚も鈍ってくるし、水分管理や食事管理の感覚も鈍ってきます。
いつも以上に、食事や体調管理には気を使わないといけないですね。

 

台風で肉体的・精神的ストレスを受ける

今回の台風では、台風事態の暴風雨よりも、
台風が来る前の報道のありかたに、恐怖を覚えました。

”今までに経験したことのない規模の台風”といわれて、
どんな怖い状況を経験するんだろう、透析は無事受けられるのか?
という不安ばかりが大きくなって、精神的にも負担がかかりました。

また、台風の準備で
家のまわりの状態を確認したり、水の汲み置き、長い行列に並んでの買い出しなど、
身体的にもすごく疲れました。

体調不安や、手足に障害がある長期透析患者+一人暮らしという状況が
さらに、不安を大きくしました。

注意喚起を促すことは重要なことなんですけど、
もう少し、報道のあり方を配慮してもらえないものですかね?

障害があったり、持病があったり、高齢であるからといって
暴風雨対策や、避難援助が受けられるわけではありません。

同じ災害に遭うのでも、同居家族がいるか、身体が自由に動くか、体調不良があるかによっても、身体と心の負担がずいぶん違ってくると思います。

障がい者や高齢者は災害弱者といわれますが、
避難に時間がかかったり、避難所で過ごすことに不安があります。
最近では、コロナの影響で定員オーバーにより、避難所に入れない事例も相次いでいます。

私の近所にある避難所も満員になったようでした。
状況によっては、透析終了後に行くつもりでいましたが、
行ったとしても、入れなかったようでした。

 

まとめ

今回の台風は、結果的にいうと予想されていたよりも、大きな被害はでなかったようです。
確かに風はひどく吹き荒れましたが、今までに経験がある程度の風と雨でした。

これまで、台風は何度も経験していますが、
透析歴が長くなり、体力や気力が衰えてくると、不安も大きくなります。

でも 台風は来る前に予想できる災害なので、準備する時間があります。

飲み水や食料備蓄など、日頃から出来る備えはしていたほうが賢明ですね。

”台風時にすることリスト”を作っておくのも、慌てなくていい方法かもしれません。

【災害時透析】災害にあったとき慌てないためのまとめこれからの季節、 梅雨末期の大雨や 7月・8月・9月と、台風が心配な季節がやってきます。 通院が欠かせない透析患者にとって、 ...

 

台風情報 一番情報が早くて正確なのは気象庁の台風情報です本格的な台風シーズンになりました。 何があっても通院が欠かせない透析患者にとって、 台風や大雨などの悪天候は、とても心配ですネ。 ...

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です