野菜・いも類

大根のカリウムは? のどの痛みや胃の調子が悪い時に大根が効く

冬場は、大根がよく食卓にのぼります。
旬の時期の大根は、安くて美味しいですよね。
煮て食べることが多いですが、
他にも、きんぴらにしたり、
おろして焼魚といっしょに食べたりします。

そんな大根のカリウムはどれくらいか知っていますか?
どれくらいだったら、安心して食べられるのでしょうか?

 

大根のカリウム

大根100gで、カリウム230㎎です。

大根100gはこれくらいの量です。 ↓

大根 100g
カリウム 230㎎ (ゆでると 210㎎)

食べる時は、これくらい(100gくらい)にしていた方がよさそうです。

おでんだと、1切れ半くらいでしょうか?

千切りにして、他の食材(薄揚げ、かまぼこ、こんにゃくなど)と一緒に、
きんぴらにすると、かさが増えて、
けっこう食べれますね。

 

大根の効能

大根は、
・消化を助ける
・胃酸過多
・胃もたれ、胸やけ
・のどの痛み

などに効果がある

胃腸の働きを助ける作用

・大根には炭水化物を消化する「アミラーゼ」
・タンパク質を消化する「プロテアーゼ」
・脂質を消化する「リパーゼ」など、
さまざまな消化酵素が含まれていて、胃腸の働きを助ける作用があります。

のどが痛いときに大根おろしが効く

また大根の辛み成分である「イソチオシアネート類」には、
抗菌作用があるため、
のどが痛い時などには、大根おろしが良いとされています。

 

大根はどれくらい日持ちする?

冷蔵庫で、1週間~10日くらいは保存可能です。

買ってきたらすぐに葉っぱは落としましょう。

また 大根おろしを冷凍しておくと、すぐに使えて便利です。

 

まとめ

毎日少しづつ大根を食べていると、胃腸の調子が良くなるかもしれませんね。
特にこれから、年末年始の食べ過ぎで、胃の調子が悪い時に
大根がいいということを覚えておくと良さそうですね。

また風邪をひいて喉が痛い時に、大根おろしを試してみたいと思います。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です