透析・体調管理

長崎市民がクルーズ船から感染拡大する恐れは?

長崎市内でクルーズ船感染拡大の問題で
市民の不安・疑問に答える動画を捜したんですけど
見つからなかったので、
かわりに、まとめたニュース記事を記事を見つけました。

私が一番気になったのは、
クルーズ船の船員の方々が、タクシーやバスを利用して
市内の歯科医に行ったり
空港に行ったりしたという情報から
長崎市民が、船員の人から感染した人がいて
そこから、市内に感染拡大するのではないかという心配がありました。

専門家の方の説明を見て、少し安心しました。

長崎クルーズ船感染で市民の不安・疑問に答える動画

4/26(日) 15:15配信

長崎クルーズ船感染で市民の不安・疑問に答える動画

長崎港に停泊するクルーズ船「コスタ・アトランチカ」で新型コロナウイルスのクラスター(感染者の集団)が発生したことを受けて長崎市は市民の不安や疑問に答える動画の発信を市のホームページで始めました。対策に当たる国立感染症研究所感染症疫学センターの鈴木基センター長が乗員から市民に感染した可能性の有無などについて見解を述べています。鈴木センター長は

 

Q1、船内でどのように感染が広がったのか?
「船内には約600人の乗員が乗っています。これまでの調査で恐らく3月末ごろ船内で感染が発生し、比較的短期間で感染が広がったと推測されます。
しかしそのあと感染は収まって現在乗員は個室隔離しています。ですからこれ以上船内で感染が広がることはないと考えられます」と話しています。

 

Q2、船の乗員から市民が感染した可能性はあるのか?
「乗員の一部が主に医療機関の受診や空港移動などを目的として船外に出ていたことが分かっています。
しかしたとえそのような方々と例えばバスやタクシーで同席、買い物で一緒にいたということがあったとしてもそこで感染していた可能性は極めて低いと考えられます。
今きょうの時点4月25日ですけれどもそこから2週間前、4月11日より前に乗員の方々と接触していたとしてもすでに2週間たっています。その間体が元気であれば感染していた可能性、感染の心配はございません」と話します。

 

Q3、今後船内外で感染が広がる可能性はあるのか?
「現在乗員は船内で個室隔離となっています。ですから船内でこれ以上広がることはありません。
船外や市内で感染が広がることも考えられません」と話します。

 

Q4、感染拡大防止のために、今市民がすべきことは?
「今新型コロナウイルス感染症対策のために私たちには人との接触を8割減らすことが求められています。

・不要不急の外出を控えること、
・人と話をするときにはマスクをつけること、
・手洗いうがいを徹底することこれが大切です。
みんなで協力をして長崎での感染が広がらないよう努力をしましょう」と呼び掛けています。

最終更新:4/26(日) 15:15
長崎文化放送

出典 ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-00010000-ncctv-l42

もう一つ心配なのは
今船内にいる感染者の方々に重症者が増えた場合
地元の病院が対応することになると思います。
地元の病院には感染対応病床数が少ないそうなので、そこのところがまだ心配です。

 

長崎市内でのコロナ感染拡大の危機が去ったわけではありませんが

長崎市民の方々、特に透析患者さんが、この記事を見て少しでも安心していただけたらと思います。

長崎市内には、三菱重工とその関連会社で働いている人が多いです。

市内で感染が広がってしまったら
透析施設のスタッフや患者に感染、
院内で感染拡大して、
透析をまともに受けられるのかどうかの心配が出てきます。

引き続き緊張感を持って、感染しないようにしていかないといけませんね。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です