体調管理

コロナ収束まで歯の治療が出来なくなりました。しっかり歯みがきを!

私は、月に2回ほど通院して、大学病院の特殊歯科で歯の治療を受けていました。
歯根に炎症があって、穴をあけて薬を詰めるという治療をしていましたが
コロナが収束するまで、治療が中止になりました。
仮の詰め物なので外れないかの心配もあります。

他にも大学病院では、緊急性のない手術は延期しているそうです。
今は、他の病気を発症しても対応してもらえない可能性が高いです。
いつも以上に体調管理には気を付けないといけませんね。

 

個人で経営している歯医者さんはまだ治療を行っているかもしれませんが
歯科治療には歯医者さんにとって、感染のリスクが伴うということですし、
これからは、外出自体が難しい状況になってきます。

 

透析患者さんは、唾液の分泌が悪いなどの条件が重なり、
むし歯が出来やすいそうなので
今は、しっかり歯をみがいて歯のトラブルを回避しましょう。

 

透析患者が虫歯や歯周病になりやすい原因

・唾液が少ない
・水分制限がある
・口の中の乾燥(薬の副作用など)

口が乾くと虫歯菌や歯周病菌が増えやすくなる

 

虫歯の予防法

・歯こうを作らない
・酸から歯を守る

歯こうを作らない

歯こうを作らないことが、虫歯予防の基本です。毎日の歯みがきで歯こうをしっかり落としましょう。歯こうがつきやすい歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目、奥歯をかみあわせる部分は特に念入りにブラッシングしてください。

歯ブラシではどうしても届かない部分は歯間ブラシやデンタルフロスを併用して、歯と歯の隙間にこびりついた歯こうも根こそぎ除去しましょう。

ただ、それだけやっても完璧に歯こうを除去できるわけではないため、
歯科医院で定期的にクリーニングしてもらい歯こうや歯石を取ることができればいいんですが・・・今はちょっと無理ですね。

酸から歯を守る

酸から歯を守ることは、虫歯を予防するために大切です。ミュータンス菌は糖分を栄養源にして酸を作り出します。この酸が虫歯を作る直接的な原因となるので、そもそも酸を作らせないことが重要になってきます。

酸の産出を防ぐために、虫歯菌のエサになる糖分がたくさん含まれた甘いお菓子やジュースはできるだけ控え、甘い物を食べたあとは歯みがきするか、口をすすぐようにしましょう。

ダラダラ食いや暴飲暴食は禁物です。

 

 

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です